アルツハイマーや認知症の症状、原因、予防、はこちら

アルツハイマー

アルツハイマー病の原因と予防

誰にでも可能性のある病気:アルツハイマー

日本のアルツハイマー型認知症の患者は100万人はいると言われ、65才以上の10人に1人は発症すると言われるほど高齢者にとっては身近な病気ですが、私達にはあまり関係のない病気と思ってしまいがちですが、最近は若年性アルツハイマー型認知症という40~50代でも発症率が増えています。

アルツハイマー認知症はその発症原因が解明されていませんが、それゆえ誰でもなり得る病気なのです。 遺伝子や、脳の問題だけが原因になるのではなく、実は普段の生活習慣がその発症率を高めています。自分や、家族が発症してしまってから知ったのでは遅すぎる事がたくさんあります。

アルツハイマー型認知症は、一度発症したらもう完治しない介護の必要な絶望的な病気であると認識されていますが、もし仮に発症しても絶望的な状況まで進行させるか、軽度にとどめて日常生活が遅れるかは、アルツハイマー型認知症という病気をいかに理解しているかという事にかかっています。

アルツハイマー型認知症は脳の病気である為に、他の疾患よりもさらに早期発見や早期治療が重要なカギとなっています。 脳は未だに謎が多く非常にデリケートな器官ですが、その分私達の知らな機能によって回復する可能性もあります。

では早期発見の為に必要な知識はなんでしょうか。

アルツハイマー型認知症は、本人の自覚症状がないことや、周りの人が気付きにくい為に、症状が進行してしまい、気付いた時にはもうどうしようもないという事が多いのです。医療は日々進化、進歩しています。これを利用し、症状の悪化を防ぐ事は十分可能です。

アルツハイマー型認知症は患者自身だけでなく、その家族にも大きなダメージを与え、その後の人生が多いに変わる可能性があります。自分だけでなく、家族の為にも正しい知識を身に付け、もしもの時に最善の行動がとれる手伝いがこのサイトで出来るかもしれません。

今後は高齢化社会によって、ますます患者数は増えると予想されます。少しでも多くの人に自身と家族の人生の為に、アルツハイマー型認知症について知ってほしいと思います。

アルツハイマーの基礎知識
アルツハイマーとは
アルツハイマーになりやすい人
アルツハイマーとアルミニウム
アルツハイマーの歴史
アルツハイマーの予防
生活
食事
物忘れ防止
アルツハイマーの原因
遺伝
アミロイド
アルツハイマーの症状
初期症状
中期・後期症状
アルツハイマーの検査
アルツハイマーテスト
画像診断
血液検査・生理検査
アルツハイマーの治療
食事
運動
薬物
アルツハイマー関連病気
若年性アルツハイマー
仮性認知症
一過性全健忘症(TGA)
レビー小体病
ピック病
パーキンソン病
特発性正常圧水頭症
アルツハイマーに家族がなった
介護1
介護2 様々な制度
介護3 成年後見制度
認知症
脳血管性認知症
アルツハイマー型認知症

Copyright (C) アルツハイマー病の原因と予防 All rights reserved.